大気環境
PM2.5 CO2  
PM2.5 (24時間)

1分間に1回計測し、60分間の移動平均値を24時間分示す。10分に1回更新
1週間
7日分を示す。10分に1回更新

粒子状物質計測

 大気中に浮遊しているPM2.5粒子状物質を計測して表示します。
 粒子状物質は、一般的には大気汚染の原因となる微粒子全般をいい、燃焼で生じた煤、風で舞い上がった土壌粒子(黄砂など)、工場や建設現場で生じる粉塵のほか、燃焼による排出ガスや石油からの揮発成分が大気中で変質してできる粒子などからなります。大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5μm以下のものをPM2.5といいます。健康被害があり、最近隣国で深刻な状況で、我が国にも飛来してきます
 2014年5月から計測しておりましたが、このたびPM2_5専用のシャープ製のセンサーを入手しましたので、あらたに開発を行いました。環境省のサイトと比較するとよく一致しており、しばらくこのシステムで計測することとします。従来の数値と連続性はありません。(2017/09/10)

PM2_5専用のシャープ製のセンサー
 粒子状物質の測定法は主に、大気を吸引してフィルタ上に粒子を集め電子天秤でその重量を測定する「フィルタ法」と、同様に集めた粒子にベータ線を照射してその透過率から重量を測定する「ベータ線吸収法」、フィルタ経由でカートリッジに集めた粒子を振動により重量測定する「フィルタ振動法」 があるようです。いずれの測定器もアマチュアには手が出せませんが、空気清浄機や煙式火災報知器につかわれている、レーザ光がホコリで散乱する原理のホコリセンサーであれば、入手可能です。

 いままで神栄テクノロジー株式会社のPPD 42NJを用いていましたが、たびたびセンサーの不良で、そのたびに新品と交換してきましたが、正確な計測ができているのか、自信が持てませんでした。ケースにいれていましていたにもかかわらず、屋外の高温多湿の悪条件で、金属部分にさびが発生し、連続計測は困難でした。最近、PM2_5専用のシャープ製のセンサー DN7C3CA007を入手し、あらたに計測システムを構築しました。くわしい開発情報を近日公開予定。

              PM2_5専用のシャープ製のセンサー

型番 :DN7C3CA007
販売サイト:Digi-Key eBay など
メーカ: シャープ株式会社
規格表:こちら
環境省の観測との関係

  粒子状物質について、環境省の環境基準は単位体積あたりの浮遊物の重量(μg/m3)で示されています。シャープ製のセンサーは、μg/m3で表示され比較できるようになりました。 環境省大気汚染物質広域監視システムが公式情報です。当方から最も近い観測地は3km東の「川崎街道百草園」です。